スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日々撮影中?  

昨日は一日中 雨でした

京都も雨でしたか?

木村くんは今どこにいるのでしょう
東京? 京都? それとも?


お気に入り に残してる記事を整理してたら出てきたこれ、2014年 3月9日 産経の記事です。
よかったら読んでみてください

武士を目のあたりにしているようだった


テレ朝のスタッフさん達もとても熱かったみたいでしたけど
太秦の職人さん達のこともとてもリスペクトしてた木村くん
この時のスタッフさんと再会できたかな?


スペシャルドラマ 『宮本武蔵』
制作発表あった時は飛び上がるくらい嬉しかったな〜

いそいで 吉川英治さんの原作読んで バガボンド読み返して
準備万端で当日を迎えたのですけど…

今だから言っちゃいますけど・・
お通が・・・・・・

力量のある方だとは思いますけど、
あまりにもワタシのイメージと違っていたので 2日間辛かったです
・・・言っちゃった・・・ゴメンナサイ


あとね、
木村くんに合わせてのキャスティングだったのかもだけど
小次郎も・・・ちと苦しかったな
・・・アイムホームの大ボス社長さん役はピッタリ!でした!



ムゲニンのキャストはどうなんでしょうか?

噂になってるあのヒト……だと……どうしよう
ムゲニン大ファンの長女もあのヒトだけはムリ!って言ってて
二人で不安になってます


あ!
余計なこといっぱい書いてしまいました・・・スミマセン


撮影は年またぎで続くみたいなお話なので
他のお仕事と同時進行しながらでしょうからほんとに大変!

でも、
ワタシ 木村くんに対してはSなもんで
撮影の仕事でとことん絞り込まれてる木村くんを見るのが大好きです
もっともっとギリギリまで のめり込んで〜!って思ってしまいます


木村くん、ごめんね




スポンサーサイト

Posted on 2015/11/09 Mon. 00:28 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

時代劇  

Mステやらスマスマやら 書きたいこといっぱいあるのですけど
今日はこの話

少し前に放送されたNHKの 「SWITCH 」
糸井重里さんと中井貴一さんの回の完全版を見て感じた事です

直接木村くんの話が出たわけではないし 興味ない方はスルーして下さいね


糸井さんも中井さんも木村くんの良き理解者だと思っているので
贔屓目になってしまうのはお許し願うことにして…


中井さんが仰ってた時代劇について

“ 数字 ” がとれないという現状
(だけど)一番怖いのは(とれないからといって)やめてしまう事
作る努力をしなくなる事
この努力をしなくなった時点でそれに携わった人や
歴史を勉強する事、小道具さん達、受け継いで来た物がゼロになる
ダメな時こそやり続ける事が大事
俺が意識的に時代劇をやるのは俺のためというより継なげたいということだけ

時代劇というものへの深い愛とそれを支えている方達への愛情
中井さんがいつもどこか凛とした印象があるのは
そういう古き良き物への謙虚で実直な心が反映しているからなのではないかと思いました
そしてそれは木村くんにも通じるのです

この中井さんの言葉で直ぐに思い出したのは
太秦で木村くんを待っていて下さっている撮影所の方達の事です

木村くんも また京都に戻りたいとはっきり口に出して言ってました
相思相愛とはこのことです!

私は時代劇が特別好きというわけではないのですけど
木村くんの時代劇は素晴らしいと思ってるんです

スクリーンで観る木村くんの時代劇 は格別だと思います!

中井さんとの共演 次は時代劇だったらいいな〜



もうひとつ 中井さんのお話


長くなると消えてしまうので…

続きます


Posted on 2015/02/10 Tue. 17:06 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

『宮本武蔵』スタッフブログ  

『宮本武蔵』スタッフブログを読み返してみました

昨年 12月20日のクランクインから 今年 2月22日のクランクアップ
クランクアップしてからも色々な裏話や告知など
本当に愛情いっぱいでお知らせして下さってます

このあいだも書きましたけど
このスタッフさんと会いたい!ってすごく思ってました


『宮本武蔵』のメイキングを観てからというもの
武蔵の木村くんが頭から離れません

晴れやかに歌って踊ってる木村くんも
パーティー会場で楽しそうに遊んじゃってる木村くんも
お料理してる木村くんも
お悩みにこたえてあげてる木村くんも
全部!ぜ〜ーーーんぶ 大好きなのですけど

静かにしてると 武蔵の木村くんで頭ん中いっぱいになってます


もし 読んでない って方いらっしゃったら 是非!!

どうしても読んで頂きたいのが 2月3日
太秦の職人さんが木村くんのこと
「たいしたもんやで、あれは」とおっしゃったというところ
ここ読んだ時、嬉しくて嬉しくて!
「どや!! 参ったか〜!」 って思いました

こういう記事をやほおニュースとかで流しなさい!!って思いましたが…

ま、
そんなとこに 流さなくたって解る人には解るからいいんですけどね


木村くんといろんなジャンルの現場で一緒に作業された方達が
異口同音に木村くんのこと褒めていらっしゃいますよね
表に出てないだけで きっとそういうお話は山ほどあるんだと思います

みんな、遠慮せずに どんどん表に出しちゃって下さい!って言いたいです

今はいろんな媒体があるので進んでどんどん報告してくれていいのにな〜
・・・個人情報保護法とかがネックですか?


話ずれちゃいました
武蔵スタッフブログのことです



時間があれば全部に目を通して頂きたいのですけど…
2月3日、3月9日、3月16日 ぜひ読んでみて下さい

『宮本武蔵』スタッフブログ


これを読んでからまた『宮本武蔵』鑑賞すると
もっともっと深くドラマの世界に入っていけると思います






Posted on 2014/12/07 Sun. 23:46 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

「宮本武蔵」メイキング  


昨日はワタワタしてて
FNS見終わってからやっと とりあえず武蔵様の特典映像だけ観ました


なんということでしょう


殺陣のシーンのメイキング




想像はしてたんですよ!
武蔵の殺陣の現場は壮絶極まりない現場だったって 木村くん本人も伝えてくれてたし
スタッフさんの報告も読んでたし
何より、仕上がった作品みれば 一目瞭然でしたからね!

武蔵というより、
そこにはもう斬ることしかできない究極に野生化した人間がいました

戦というものはこういう事だ
人を斬るということはこういう事だ
生き残るということはこういう事だ

木村くんが身を削って伝えてくれていました

かっこいいだけの殺陣ではない生々しさからくる究極の 格好の良さ と
逆に あまりにも壮絶な絶望感からくる 格好の悪さ

『宮本武蔵』という作品をなぜ今届けたいと思ったのかという意図が
ビシビシ伝わってくるシーンでしたのでメイキングをとても楽しみにしてました

そして、大満足です!



作品を観られなかった人
アンチという理由だけで拒否してた人
時代劇は見たくないと思ってる人
武蔵に思い入れありすぎて頭固まってる人
ネガキャンを信じてしまった人

レンタルでも何でもいいから
とにかく 本編と同じくらいメイキングも観て欲しい!!!




と いうことで

「宮本武蔵のメイキングを観させるキャンペーン‼️」 開始します


まずは 身近にいるアンチ野郎から攻めていきます





Posted on 2014/12/04 Thu. 11:31 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

再び 『宮本武蔵』  

先週の ワッツ記録しとこうと思ってたのに
『宮本武蔵』もう一回通して観たもんだから書けなくなっちまった


木村くんの作品を観る時はいつもドキドキしてしまって
気持ちが上ずってしまうもんだから
細かいとこまで観ることができないアホなワタシ

それはその作品のできが良いとか悪いとかとは
全く関係ないとこで起きる症状なわけで、
何度かリピしてるうちにやっと冷静に観られるようになるっていう……

これ、何年経っても治らない


『宮本武蔵』
やっと二回目のリピだけど
やっぱり初見で見落としてるな〜ってのがいっぱいあった

これでファンなんて言ってちゃいけないね


ワッツで武蔵関連のメールを全く紹介させて貰えなかった木村くん
もっと武蔵の事話したかったのかなって感じしたんだけど…

ロイドも勿論身を削って心身共に全力で取り組んだ作品だったと思うけど
宮本武蔵はもう一つ上の全力を尽くした作品だったのかな〜って

だってね
時代劇というカテゴリーだし
太秦というフィールドだし
テレ朝55周年記念とかいうウエイトを乗せられてたし…

だけどね
木村くんはそういう全てのプレッシャーをしょい込んでても
それをすっごく楽しんだんだと思うんだよね


外野のネガキャンなんて今に始まった事じゃないし
アンチの腐記事もいつもの事だしね


木村くんが 「どの作品でもそうですが」と前置きしながらだけど
報道ステーション 古舘さんのインタビューで言ってたように
皆んなが全力で関わったので
満足できる作品ができたって 自信を持っていたようだったから
武蔵に関しては本当に充実感でいっぱいなんだろうなって思う

その上、
出来上がった作品を受けとってくれる人達が ( ワタシタチの事ね )
必ずいると信じてくれてたはずだしね



木村くんが主演した作品が全て素晴らしい作品かどうかは置いといて
どの作品に於いても木村くんの全力は必ず存在してるのが解るし
木村くんはその作品の主人公としてその中で生きてくれるから
ワタシタチはどんな作品も必ず受け取るもんね


「木村武蔵」は本当に素晴らしかった



だけど
きっと木村くんのことだから
次に届けてくれる作品はもっと素晴らしい作品になると思うんだよね〜




次の作品届くまではこの感動を胸の中で大事にあっためとこっと





Posted on 2014/03/24 Mon. 01:33 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。