スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

慎吾 おめでとう!  

ギリギリになっちゃった

香取慎吾さん

お誕生日おめでと〜〜


慎吾が40なんてね〜

ついつい呼び捨てしてしまってゴメンね

だけど
慎吾はずっと慎吾なんだよね


SMAPに帰れたらいいね

SMAPのこと大好きだもんね

中居くんのことも
木村くんのことも
吾郎ちゃんのことも
剛くんのことも

そして
私たちファンのことも
大!大!大好きだもんね


あまり 丸くゴツくなりすぎると心配だから
そろそろセーブしようね

ライザップさんにまたお世話になりますか?


これからの慎吾に幸せがいっぱい訪れますように!

もう一度


慎吾、
お誕生日おめでとう



スポンサーサイト

Posted on 2017/01/31 Tue. 23:27 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

SMAP。ごめん。  

お正月が終わって
重い重い腰をえんやらやッとあげて
先延ばしにしてた事やっと片付けてホッとして

やっぱり……
ホッとなんかしたら寂しくて泣きそうになります


メンバーそれぞれ個人の活動始まってますし (慎吾くんは14日からかな?)
今までだって、
個人活動がほとんどでしたから 急にSMAPが消えてしまった!って感じではないかもですが

メンバーの声でSMAPへの言葉を聴いたりすると
やっぱりもうSMAPには逢えなくなったんだな…と


ひとりひとりをしっかり応援しましょう!

わかってますよ。
それは言われなくても わかってます。
そんなの当然ですよ。


だけど、やっぱり、

SMAPの5人が観たい!

5人のSMAPが観たい!!


この気持ち 抑えられなくて困ってます



SMAPファンがメンバーや事務所に
ファンの気持ちを伝えようとして起こしたアクションが伝わっていると
中居くんも木村くんもはっきりラジオでお礼を言ってくれました
そして、そのことに感謝していると言いました

ワタシはその言葉を聴くのが怖くて ずっと現実逃避してました

みんなが聴きたくない「解散」という言葉こそ出なかったものの
事実上の「解散」宣言を聴いてしまったような気がして ほんとに悲しかったです

「みんなのアクションはありがたかったけど 無理でした」

そんな敗北宣言に聴こえてしまいました


ただね!
だからと言ってね!

ワタシみたいに往生際悪くて、しつこくて、我儘なファンがそこで諦めると思って貰っちゃ困ります。

「僕たちはそれぞれの方向性の違いで共にグループ活動ができなくなりました。
二度と共に活動することはないと思いますので、解散撤回とか、SMAP復活とか、待ってるとか言わないで、
これからのそれぞれの個人活動へと優しく送り出してください。
そいういことなので、これからもよろしくお願いします。」

こんなふうに言われたら 諦めます

解散の原因がSMAP自身にあると明言するのは無理としても
それらしいニュアンスで伝えることはできるでしょうから
解散に至った理由がSMAP自身にあるということを少しでも教えてくれたら
スッパリと諦めます

察してくれよ〜 でもいいです
SMAPに原因があったからなんだなと察することができる何かを伝えてくれたら
すぐにでも 諦めます

諦めさせたいのなら 諦める材料をください

なのに………
それがないから…………

辛いんです!
悲しいんです!
苦しいんです!
やるせないんです!
切ないんです!
腹が立つんです!


だから
諦められるようになるまで

諦めません!


SMAP ごめん。
まだ諦められない。

きっと ずっと
諦められない。



Posted on 2017/01/08 Sun. 23:16 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2017年  

2017年 になりました

元旦からもう3日も経ってしまいましたけど

明けましておめでとうございます
本年もぼちぼちやっていきますので よろしくお願い致します。



散々 やな思いをした2016年
2017年になったからにはもう良いことしか起きないはず!! ですね?

SMAPが5人で揃ってメディアに出てくれることは無くなりますけど
SMAPが消えたわけではないと思います
ファンだけじゃなく、SMAPを少しでも知っている人たちの中で
SMAPは生き続けています
永さんが仰ったように 忘れられた時にその人は死ぬのだと

スマスマ終わりに義援金のお願いを欠かさず続けていたSMAPのおかげで
毎回 背中をドン!と叩かれていたような気がしていたワタシです
日々の生活の中で災害地の方たちのことを忘れてしまうワタシです
そんなワタシですけど、
スマスマで毎回違うメンバーが中心になって呼びかけてくれたから
ほんの気持ちだけですけど忘れずに義援金を送ることができていました

お正月気分でピンときてなかったのですけど
昨日は月曜日
・・・そういえば、スマスマお正月SPとかありましたね〜 ドミノとかやってたような…
義援金のお願いを通して被災地への想いを継続していたことをやめてしまってはいけないな
と思っていたら、ツイッターでの呼びかけで
「復興に向けて手をつなごう」というタグを付けて
スマスマの時間にみんなで呟やきませんか?という提案があって
ワタシもさっそく乗っかって呟かせて戴きました
なんだか 少しSMAPと繋がったような気がしてホッとしました


スマスマ最終回のことはいろいろ情報も錯綜していたし真実はわかりませんけど
表に出ている情報を鵜呑みにしないという習慣だけはしっかりついてますので
当日彼らがどんな気持ちだったのか
ワタシが今まで観てきたSMAPならこうだろうなという解釈でいいと思っています

彼らは あんな形で終わらなければならないことが悔しかったでしょう
そして、
20年余に渡って支え続けてくれたスタッフさん達に感謝の気持ちでいっぱいだったでしょう
そして、そして、
ずっと見てくれていた視聴者へ申し訳ないという気持ちがあったでしょう
そして、そして、そして、
私たちファンへスマスマ守れなくてごめん!という謝罪の気持ちもあったはずだと思います


御用メディアたちがこぞって流布していた事柄が事実ならば
なんで彼らはあんなに悲しそうな顔で歌ったのでしょう
誰ひとりとして晴れ晴れとした顔をしていませんでした


単純に番組が終わることへの悲しみの顔とは違うとワタシは確信しました
これは 憶測ではありません。これは ワタシが感じた事実です。

言葉にしなくても伝わることがあります
それこそが 事実であり真実だとワタシは思っています

いくら言葉を並べたてても、いくら大声で叫んでも、いくら大勢の人が話しても
自分の心に伝わらないものは 真実ではないとワタシは思っています

少々話しはズレますが、
日本という国が戦争への道を進むことになってしまった要因のひとつが
この、真実ではない言葉を大声で大勢が叫び始めたことでした
あのヒトラーが世界を恐怖に戦かせた原点もドイツ国民の大半が彼とナチスを
拍手と歓声を持って支持したからでした
ですから 思慮深いドイツの国民は今も当時の狂乱を反省するという教育を続けています
日本とはえらい違いです

こんなことは皆さんもご存知だと思いますので 改めて書くこともないのですけど
ワタシの中でSMAPの事と今の日本の事がリンクしてしかたなくて、ついつい…


ワタシがこの場でいつも書いてる
“チーム金屏風”
原因はあの親子さんだけではないというつもりでずっとそう書いてきました

発端はあの人かもしれませんが
そのバックには 有象無象、魑魅魍魎、利権特権 が渦巻いていると思ってます
いくらあの人が力を持っているとはいえ それに賛同する輩がいなければ
目的は達成できなかったでしょう

ですけど、
今まではチーム金屏風が恒例通りにこなしていたことがSMAPにはなかなか通用しなかった

あ! ・・ SMAPとSMAPファンといったほうが正しいかな?


誰かが、SMAP存続を願うのはファンの我儘だ みたいなこと仰ったようですけど
我儘 上等!でしょ?

元々、ファンとその対象となる人たちとの間にはなんの掟もないはずなんです
もし掟があるとすれば
その対象となる人たちはファンを裏切らない努力をするということでしょ?

中には その対象となる人がファンに対して、ああしろこうしろ というタイプもいるかもしれませんが
それを含めてその人が好きでそれに従っているというのがファンなんですから
それも立派にファンの我儘だとワタシは思うんですけど……違いますかね?

誰かのファンになることって自分にとって究極の我儘を通すことだと思うんです
嫌になったらさっさとファン辞めちゃうんですからね

ファン辞めちゃう人がいると困るからその対象となる人たちは
ファンに喜んで貰うよう精一杯の努力をしてるわけじゃないのかな?
少なくともワタシは、SMAPからいつも
ファンの「我儘」を満足させてやろうという精一杯の努力を魅せて貰っていたし
「我儘」なファンのことを第一に考えてくれているという誠意を魅せて貰っていました


これまでだってグループの事だけじゃなく個人の仕事でも辞めたいと思ったことはあったでしょう
だけど彼らは
「SMAP大好き!」「SMAPに会いたい!」「SMAP観たい!」
というファンの「我儘」を聞いてくれて辞めずにやってきてくれました
あの騒動が起きる直前まで、いえ、騒動の最中にあっても
彼らは誰ひとりグループを辞めたいとは言いませんでした
最後の最後まで…
いえ、今もまだその言葉を聞いていません

だから SMAPファンは納得いかなくて行動し続けているのです

SMAPを“救いたい”とはワタシは思ってはいません
彼らだって十分大人なんですから
今の状況を受け入れた裏にはそれなりの覚悟があるはずだと思いますし
ワタシなんかが “救える” なんてそんな簡単なことではないと思っているので
“救いたい” ではなく、
SMAPに逢えなくなるということを認めたくないのです


彼らが何も語らないことを非難する人もいますが
これまでの彼らが嘘をつかずに私たちに向き合ってくれていた通り、
何も語らないことで私たちファンを裏切らないでいてくれたのだと思っています
この騒動の原因の真実が彼らの口からは語ることができないことなのだということを
沈黙という形で伝えてくれたのだと思っています

契約の関係なのか、自分の持つ番組関係者への誠意なのか、後輩への影響を考えてなのか
家族や親族へ迷惑がかかるからなのか、これからも残るスタッフさん達への思いやりなのか、
支援してくださっていた方たちに嫌な思いをしてもらいたくないからなのか、
その全てひっくるめてなのか…

SMAPは何も語らない

ワタシはそんなSMAPを尊敬します


ただね、

SMAPが語らないからといって この現状を認めてはいません!


おそらく2004年頃から始まっていたであろうSMAP潰しの歴史を
なかったことになんてできません!

そして何より
去年一年間のSMAPとSMAPファンへの屈辱をなかったことになんてできません!

綺麗事を言うつもりはありません!

SMAPを潰した人たちに、
SMAPを潰した意味とSMAPファンを深く深く傷つけた理由を
ワタシが納得できるまで問い続けたいと思っています





新年早々 重くなってしまってすみませんでした

最後までお付き合い戴きありがとうございました


こんな めんどくさいブログですけど
よろしかったら 今年もよろしくお願いいたします




Posted on 2017/01/03 Tue. 20:16 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。