安堂ロイド に想う事  

黎士さんブログで
未完成ながら9話の台本を受けとったとのこと

変態P様・・・この変態という表現は木村くんがワッツで言ってたんだけど
ワタシはリスペクト込めて『変態』とつけさせてもらってるつもり

この方のことはスマステで
木村くんのそれまでのドラマや映画を担当した方たちや共演者の方たちが
木村くんに関してのコメントの特集みたいなのやった時に知った

並々ならぬ木村くんへのリスペクトと愛情あふれるコメントで
聞いててとっても嬉しかったの覚えてる
だから今回のドラマに関してもそういう点でスゴく期待しながらも
逆に、
よくあるパターンで好き過ぎて迷宮入りしちゃうってのが心配でもあったんだけど
さすがプロだね
ワタシなんかがえらそ〜にあれこれ考えるなんて100年早かったってね!
七話終わってみてつくづくよくできた作品だなーって思う



これまでの木村くんのどのドラマとも違う『安堂ロイド』

木村くんは今までいろんな人を生きてくれたけど

初めての二役を演ったとか、ロボットの役を演ったとか、
という意味で違うっていう単純な理由なんかじゃなくって

壮大な世界観で、人類の未来を見据えた上での物語で、
SFなようで現代社会のリアルタイムな問題も含んでいるという
ここまで複雑なドラマはなかったと思う

妹七瀬や白い美少女のこと…
角城のこと…
そして黎士のこと…

まだハッキリと明かされてない謎が残ってるけど
どう見積もってもアッケラカンと明るく終わるとは思えないんだよね

ワタシ個人としては
とことん狂気じみた終わり方して欲しいって思うんだけどね

…だからどうなるの?
…人類はどうなってしまうの?
…黎士ってどういう存在だったの?

みたいな謎を残したままキモチわる〜く終わって
最終回のあとで余計に盛り上がるみたいな・・ね!


このドラマは観る人を選ぶ作品だよね
木村くんが出演してくれてなかったらワタシ選ばれてなかったと思う

・・・「人類資金」観たときも思ったんだけど
あの映画も観る人を選ぶ作品だと思ったし、
万人にウケることを狙った作品じゃないよなーって思ったもんね

坂本監督が、30年後位にそういう映画があったな!と思ってもらいたい。
この事を映画にしないと後悔すると思った。 と言ってたのを聞いて
なんて志の高い作品なんだろ!って感激したよ!
慎吾くんが出演してたおかげで観ることができてよかったと思った。

映画もドラマも娯楽だからと割り切ってしまうのも悪くはないけど
娯楽だけじゃない「伝える力」っていうものも映画やドラマにもあるよね!

今、どうしてもこれが伝えたい!っていう熱意で創られる作品もある。

悲しいことにそういう作品はなかなかお金や数字には反映しないみたいだから
オンエア中や公開当時に高く評価されることは難しい
特に今の世の中は経済中心に全てが評価されるシステムになってるから
お金で勘定できないことは認められないことにされてる

いつになったらそういう世の中が終わるんだろな〜ー


『安堂ロイド』の中で出てくる
2066年アンドロイドが一斉に反逆を起こし10億人もの民間人を虐殺したという事件は
人間が、しかも各国の政府高官たちが仕組んだ事件だと明らかになったけど
アンドロイドが実は「神」なんじゃないかなって思ったのはワタシだけかな?


「ノアの箱舟」に乗るべきなのは数多の生きものたちであって
ニンゲンではない!という……

生きるべき人が死んで…という美少女のセリフがあったけど
人は全て平等だという見地からすれば
生きるべき人も死すべき人もという区別などなく
ニンゲンはいずれ淘汰されるべき存在なのではないかと……

「ジェノサイド」を読んだときハイズマン博士の考察に激しく同感したワタシ……
『安堂ロイド』に同じものを感じるのは
行きすぎだろうか……


ロイドに肩入れしてるからというわけではなくて
このニンゲン淘汰の考えはずっと昔からあって
・・・なにしろ卒論は「楢山節考」だったというかなりアブナイワタシ…

だから『安堂ロイド』が
実はそういう考察に根っこがあるかもしれないと解った時点で
余計にゾクゾクしてきちゃったんだよね!

変態P様、
木村くんにこの作品プレゼントしてくれてありがとう!



とにかく!
早く八話観たい!!






スポンサーサイト

Posted on 2013/11/26 Tue. 02:17 [edit]

category: 安堂ロイド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/442-f879b592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード