スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『安堂ロイド』 覚え書き  

『安堂ロイド』八話が終わって 残り二話

とりあえずの感想ばかり書いてきたけど〜
このへんで少しだけマジメに残しておきたいこと書いておこう

って言っても
コンニャクあたまに僅かに残ってる記憶を頼りにだからな〜
リピっていってもリアタイと録画と一回ずつしか観てないし…
こんなんでロイド病とか言ったら怒られちゃうかな?
最終回済んだら全話通して観てみようって思ってるんだけどね

だけど、
あまり観てないからこそインパクトあったシーンが解るってゆうか…
・・・・自分に言い訳しても仕方ないか


まず、一話で印象に残ったとこ
☆黎士がラプラスに嬉しそうにしながら言った
「科学者の性で 自分の理論が正しいと嬉しくなる『だしょう』って感じ。」のセリフ
そして銃殺されて倒れたときのニヤリと笑ったとこ

ワタシがずっと黎士が生きて戻ってくると思ってる根拠がこのシーンなんだけど
1話でいきなり射殺されないといけない理由ってなんなんだろって
ずーっと思いながら観てきたけど
黎士の肉体は 2013年には存在しないけど、黎士の「想い」は存在しているのだという
メインテーマの「愛は時空を超える」を実証していかなければいけないわけだから
肉体が存在しないほうがより説得力がある。
何しろワームホールの扉を閉ざしたのも黎士の麻陽への「想い・愛」だとされてるし…
全てはそこから始まったんだよね?
最終的に黎士のその「想い」はどんな結末を用意してるんだろ?

ちょっと飛ばして
☆七話 星くんの受験会場 黎士の大学のトイレでの回想から

「これからは君の閃きの源にするといい」とまるで星くんに後を託すように
黎士の何億というアイディアを生み出した炎を作るライターを渡し
「教授みたいになりたい」という星くんに
「僕みたいになると不幸になる」と言い残して去って行くシーン

黎士は自分が殺されるっていう不幸のことをもう8年前には解っていたってこと?
それは麻陽と出会う前だよね?
もしかしたら3・11 以前から「想い」の素粒子に気づいていたってこと?
それで麻陽と出会ったことで「想い・愛」に関する実験を実行するという
科学者の狂気じみた性がラプラスの元へ行かせたの?
2113年の警察が動き出していることを知って
もう逃れようがないと思ったからってだけじゃない気がするんだよね
あの笑った顔を見てしまったから…

もっと丁寧に観ていくとたっくさん伏線が見つかるはずだけど
せっかく木村くんが主演して
アクションも含めスバラシイ魂を込めた映像を魅せてくれてるんだから
そっちに集中して謎解きは後まわしにしたかったから
いっぱい見落としてると思う
それと、全話観るまでいい加減なこと書くのはダメだと思ってたし。


あと二話しか残ってない中で
どんな結末が用意されてるんだろ?

昨日最終話のGold の台本もらったって黎士さんブログで見たけど…

きっと最終話で変態Pさんが一番伝えたかったことが明らかになるんだね!

とりあえず勝手に見当外れみたいなこと書いてみた。




今回のドラマで初めてTwitterとかしながら
プロデューサーさんの声とかを聞いたりすることができたんだけど
つくづく 大変なしごとだな〜って思うなぁ





とにかく
変態P様のMessage楽しみに待つことにしよう。






スポンサーサイト

Posted on 2013/12/04 Wed. 02:11 [edit]

category: 安堂ロイド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/448-9c6838f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。