スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『宮本武蔵』 第一夜  

どうしよう


『おねラン』の生き物博士のチャーミングな笑顔

『宮本武蔵』の刃のような佇まいと所作

『スマステ』の座ってるだけなのに匂い立つような男前っぷり


3人はみな同じ人なのに ぜんっぜん違う顔を見せていて
3人が3人とも魅力的でたまらない





とりあえず
少し落ち着こう………



『宮本武蔵』

吉川英治さんの原作 なんとか読了できてた

元々が新聞小説だったということで、しかも連載当時かなりの人気で
連載を大幅に長くしたと解説書に書いてあった

これ、あくまでも個人的な感想なんだけど
連載を大幅に長くしたというので所々??なシーンが出てきたりして
読みながら結構イラっときたりもしてた時もあったんだよね〜
だけど、物語としてはどれも濃密な場面だったりもするから
“下り松” と “巌流島決戦” はメインとして
それだけでもけっこうなボリュームあるのに
二夜、五時間という短い尺で、あとはどんな場面を差し込むのかな〜って思ってたら
原作の世界観を崩さず必要な場面もちゃんと入っていて
本当に素晴らしい第一夜だったと思った

モチロン
木村武蔵は非の打ち所がない

キャストの方々もピタリとはまってたし
殺陣は本当に世界一だと思ったし
シーンが前後するのも時代劇としては新しい感じで
映像も素晴らしかったし





ああああ〜ーー
ダメだァァァァァーーー

こんなふうに書いてても 胸の中で 武蔵が暴れまくってるから
言いたいことがうまく表現できなーーーい

GIVE UP



とりあえず お風呂に入んなきゃ



つづきは少し落ち着いてから書こう



スポンサーサイト

Posted on 2014/03/16 Sun. 01:41 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/541-8feb5885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。