スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

安堂ロイド  

変態P様のインタビュー読みたくて購入した TVnavi

・・・もちろん 木村くんのコメントも知りたかったに決まってるけどね


『安堂ロイド』に関してはファンもほんっとに熱かったよね〜!

黎士さんブログ 毎日更新してくれた木村くんも大変だっただろうな〜って
今さらながらに感謝の気持ちでいっぱいになる


余韻に浸る間もなく 年末年始の特番が次々と放送されて
そのうち『宮本武蔵』のスタッフブログが始まって
木村くん あっという間に武士になっちゃったし

でもって
ワタシとしては 武蔵があまりにも素晴らしかったもんだから
ロイドの影が薄くなっちゃってたってのが本心かな〜

『安堂ロイド』は ロイドが主役の作品なんだし
アクションも盛りだくさんで木村くんの能力の底知れない深さ感じる事ができたのも
ロイドというキャラクターのおかげだったんだけど
どうしても 黎士さんが気になってしかたなかったんだよね〜
だから
最終回、黎士さんが戻ってきてからのシーンをもっともっと観たかった!

できれば
黎士さんと麻陽とのデートや同棲してからのシーンとかをもっと観たかったんだよね

なんなら、
ONEクールまるっと黎士さんと麻陽のヘンテコ可愛いカップルの話で
次のクールでロイドが登場して、ARXⅡ 13 の大量殺戮と サプリとのエピソード
その次からロイドが麻陽のボディーガードとしての闘いが始まって
そして 最後が黎士さんが戻って来て彼が企んでいた未来への謎解きを披露する
・・みたいな感じで
結局 1年がかりで『安堂ロイド』放送をするって事になるんだけど
そんくらいやってもらわないと納得できないくらい
膨大な内容が凝縮されてた作品だったと思うんだよね〜ー

NHKが大河ドラマって1年通してやってるじゃん
民放がそれやっちゃいけないってルールあるのかな?

いつの間にかドラマって3ヶ月で終わる事になってるけど
続編とかやるくらいなら続けてやりゃあいいじゃん!
ダメなのかな〜?
視聴者が飽きるとかってのが原因なの?

3ヶ月の尺に合わせるために 無理やり辻褄合わせて
訳わかんない終わり方されてガッカリしたドラマあったりして
・・・どれとは言わないけど
そんなの見せられるくらいなら少しくらい間のびする事はあっても
最後にむかってキッチリ創りあげられたドラマ観たいって思うんだけどね〜

これってワタシだけの考えかな?


『宮本武蔵』 も 武蔵の色々なエピソードもっと観たかったけど
『安堂ロイド』は特にもっともっといろんな事が知りたい!って思った作品だったな〜

『安堂ロイド』が伝えようとした事って
3ヶ月、たかだか10回くらいで伝え切れるような単純な内容じゃなかったもんね

P様がスペシャルとか劇場版とかってポロリしてるけど
ワタシとしては せめて後20回放送くらいのボリュームで放送して欲しいって思う!

だってスペシャルにしても劇場版にしてもせいぜい2〜3時間でしょ?
そんなんでしっかり伝えられるのかな〜って心配なんだけど…

でも、ま、
そこはプロのみなさんにお任せするしかないって事で
楽しみに待つしかないね


あ!
そうそう!

インタビューでP様が
VFX表現や激しいアクションシーンを毎週一定以上の品質で出していけるか相当不安だった
って書いてあったけど
VFXは完璧なお仕事されてたし、木村くんを中心とするアクションも完璧だったんだから
次回は伝えたい事はもう少しパンピーに解り易い方向に持って行った方が
いいんじゃないかな〜って思うのね
今回、沢山の人達が作品としての『安堂ロイド』を支持したって結果だったみたいで
数字とは関係ないとこでの評価だからそれはそれで素晴らしい事だと思う
本当にいい作品だったからこそ得票数もダントツで多かったんだからね!
視聴率なんて数字どうでもいい!
その作品がどれだけ素敵な作品かどうかが大事なんだ!
って本気で思ってるんだけど
数字なんてどうでもいいって言うのは視聴者サイトの発言であって
創り手側はやっぱり出来るだけ沢山の人達に見せる努力も必要だとは思うんだよね
だからといって
数字狙いで毎回 視聴者を煽ってる内容の下品なもの創るのは反対だけど
せめて “パンク” からロックやポップスくらいまではファン層広げてもいいんじゃないかな〜

ワタシたちは “パンク” だけどさ
演歌やJポップしか聞かない人達にいきなりパンクはキッツイからね


不本意かもしんないけど
ビートルズだって ストーンズだって沢山の人達に聴いて欲しくて
まずは自分たちを見てくれるようにって路線変更したんだからね

聴衆を振り向かせた後でしっかりと自分たちの音楽を聴かせたんだもん
彼らだって伝えたい音楽を試行錯誤しながら一生懸命 創ってきた
ただやりたい事をやりたいようにやって来たわけじゃないいんだよね
そういった葛藤を続けてきた結果
今や燦然と輝く音楽の歴史上に名を残す星にまでなったんだもんね

そのへんの感じ・・P様に思い出してもらいたいな〜って……
あのP様ならもっともっと木村くんの魅力引き出せるって思ってるんだけど……


あ! ヤバイ!
話ずれてるわ〜ー


ながなが書いちゃったけど

とにかく
“木村拓哉” という太陽の元に再集結するチームロイドに期待して

P様と木村くんの次のステージ 楽しみに待ってよっと






スポンサーサイト

Posted on 2014/04/26 Sat. 02:41 [edit]

category: 安堂ロイド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/570-3d609b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。