スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スマスマ 6/2  


スマスマ 6/2

ビストロ ゲストはスキージャンプの葛西紀明さん


ヨーロッパ発信で『レジェンド』とみんなの尊敬を集めている葛西選手

年間30試合以上出場してるって聞いてビックリ!
年間っていっても雪シーズン限定でしょ?
いかに移動が激しいかって想像つくね! 大変なんだろな〜

五輪で金メダル獲る!という気持ちを切らせなかった元となったのが
長野五輪で個人出場できなかった“悔しさ”だった と。

だいたいの一流アスリートの方達のエピソードの中に必ず出てくる
“悔しい思いをしたから” という言葉
きっと、“悔しい”と思うこと自体が大事なんだろうね
一生懸命取り組んでなかったら、失敗しても“悔しい”って思わないもんね
ワタシなんてもう何年も“悔しい”って思ってないな〜


ビストロキッチンにジャンプ台 登場

お約束の吾郎ちゃんイジリ
木村くん「ここ USJじゃないから大丈夫だよ」 って


スマメンバーがジャンプを体感するっていうので
トレーナー中西さんの補助で木村くんの見事なジャンプ

中西さん「やったこと無い人で あんなに出来る人はいない」
慎吾くん「すげ〜ー」
中西さん「はい、本当です!」

木村くんったら またプロの方に太鼓判押されちゃったよ〜ー
何でも出来ちゃうよね〜
みんなに感心されて照れちゃって
着地して、記録見て、思った結果じゃなかった、
ってとこまでエアで見せてくれた木村くん
きっちりコントになってました〜

慎吾くんとの相撲とかガッつりハグとかパン君とか
中西さんってスゴいお笑いのセンスある方だったわ〜
先週の松也さんにしてもそうだけど そこら辺の芸人さんより面白かった
・・最近ね、1ミリも面白くないのにいっぱいTV出てる芸人いるもんね
誰とは言いませんが…


葛西選手
来年の選手権 そして平昌五輪での活躍期待してま〜す



スマ進ハイスクール

特別講師は百田尚樹さん
“ 原稿用紙1枚で書くショート小説で小説家に挑戦 ”

吾郎ちゃんの 「小説家とはどんな職業?」って質問に
百田さん「ぶっちゃけて言うと、今からおもろい話するから銭くれよと言う事です」
・・『百田先生個人の見解です』 の注意書きアリ

百田さん「最近のノンフィクション作家はウマイ事ウソを入れるんですよ
私もノンフィクション書く時解らん様に平気でウソいっぱい入れてます
小説の面白さはそこですから ホンマにそのまま書いたらおもろない
そこに多少隠し味を入れるんです」

百田さんいつものサービス精神出しちゃって又もや失言か?!

この方の発言聞いてると本当に困ったおっちゃんやな〜ーって思う
そういう言い方はダメでしょ?ってね
小説読んでみたいなって思ってたんだけど彼の政治思想聞いてから
ちょっとムリだなって思って読むのやめとこって思っちゃった
小説と執筆者の政治思想とは別々に考えないといけないもかもしれないけど
ああいう考え方の人が書いたものはどうしてもムリだな〜
どんなにいい内容って言われても信用できないんだもん
つくづく偏屈だな〜人生損してるな〜って思ったりするけど
こればっかりはいくら木村くんのお勧めでも…ムリです。スンマセン

それにしても百田さん、
どこで狂ってああいう思想になっちゃったんだろ?
根はいいおっちゃんだと思うんだけどね〜


小説の冒頭部分は百田先生の書き下ろし

「ふと目覚めた俺は 目の前の光景に驚いた。
俺が世界で一番愛する女が男とキスを交わしているではないか」


5人がどんな小説書くのかすごくドキドキして見てたら
みんな其々個性があってひとつとして被ること無く見事に違う物語だった
百田先生も言ってたように
これは好き嫌いだから順位を決める物ではないと思うけど
ストーリーとしては吾郎ちゃんのがバシッと決まってて
ショート小説として見事に成立してたね!ドラマの脚本みたいだったね!

木村くんのは百田先生の言った通り本当に文学的
“俺”の目線で捉えた世界
“俺”が見ている物の描写
“俺”の心理状態の表現
冒頭部分で示された文章をより深く噛み砕いて味わって
それがどんな味なのかを考えさせるような表現で書かれてると思ったよ
なぜ「世界で一番愛する女」なのか…
なぜ「キスを交わしている」という文章が必要なのか…
“愛”であったり“キス”であったりする意味はどこにあるのか…

私は木村くんの作品みたいなのが好き!

エンタテイメント性の高い小説はそれはそれでいいと思うけど
ストーリーを追っていくだけで結局「うわ〜凄い!」で終わってしまうのだと
なんか物足りないというか
そういう感想だったら映画やTVの中だけでいいやって思ってて
小説を選ぶ基準は自分の知らない精神世界がどれだけ広がってるかどうかってとこで
小説に共感や謎解きや共通意識の中の感動などは求めてないから
ひとつの文章をエグってエグって捏ねくり回して伸ばして叩いて広げて
やっとひとつの細い道が見えるみたいなのが好みなんだよね〜

って、
ど〜でもいい わけわかんない事長々書いちゃった〜

ま、
木村くんの作品に一番深みを感じました!! って事がいいたかったのね



S-LIVE

ファレル・ウィリアムズさん


「今まで出演したテレビ番組の中で
これだけ作り込まれたセットを見たのは初めてです。
SMAP×SMAPの素晴らしいセットで歌ったよね と 思い出すでしょう
最高でした。 ありがとう」 by Pharrell Willams


スマスマ 美術さん、ほんっとにいつも凄いよね!
海外のアーチストさん出演の時は特にリキ入ってるもんね!
あの 世界的なアーチスト
ファレルさんを感心させたスタッフさんに拍手だね

慎吾くん言ってたけど
ファレルさんって物静かで冷静な感じ

代表的にうるさい Will.i.am そろそろスマスマに来てくんないかな〜
ウィルのガチャガチャ大好きなんだよね〜ー


あ!
そ〜いえば!
木村くんがスマ進で被ってたのワッツで言ってた ニュー エラのキャップだよね?
シールしっかりくっ付いてたけど あれって私物かな?

誰かがワッツで聞いてくれるかもね






スポンサーサイト

Posted on 2014/06/04 Wed. 02:45 [edit]

category: スマスマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/587-7d4a4197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。