スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ひと月  

水害発生から1カ月が経ちました

その節は 皆様からご心配や励ましの暖かいお言葉頂きまして
本当にありがとうございました!

家の方はほとんど片付くことができました
昨日やっと車も1台届いて今日からは自由に動けるようになりました
・・・2台廃車になったのですが代車は1台しか借りられなくて…

おかげさまで、
たくさんの方たちに助けて頂いてようやく元の生活に戻ることができそうです
ほんとうにありがとうございました!!



ひと月前の今頃は…

雨雲レーダー見ながら
大丈夫かな〜 多分だいじょうだよね〜
なんて不安と戦いながら雨と雷の音ばかり気になって
とてもとても不安でした

意を決して娘たちを起こし荷物を高い所に移し始めたのが午前1時頃

停電の中、ロウソクの火を見つめながら
日頃ちっとも信心なんてしてないくせに
早く雨雲どっかに行かせて下さい!! なんて
神様仏様にお願いしてました

お店の中に凄い勢いで水が入ってきた頃には
一番下にあったものはほとんど移動させてたので
水に浸かることはないから大丈夫だと思ってたのですが
雨の勢いが衰える気配は全く感じられなくて
リビングまであと少しとなった時点で全ての事をあきらめました
もう どうにでもなれって感じで
いざとなったら2階のバルコニーから屋根に上がって
それでもダメなら流されてその後は運命に任せようって覚悟決めました
ジタバタしたって仕方ないし
このまま溺れて死んでしまうのが運命ならばそれも仕方ないなって
妙に冷静になってしまってる自分がいました

午前4時くらいになるとやっと雨脚も緩くなって
雷も少し遠ざかってきていたので 助かったのかなって思いました

おもむろに外を見てみると うちの周りはまるでプールのようになっていて
道なんて全然見えないのが冗談みたいで
見たこともない状況に驚くより可笑しくなって笑いそうでした

それから少ししてやっと雨が止んだかと思うと
今度は道路がまるで川のようになって水がどんどん引いていきました

まさに激流となって流れて行く水を呆然と見ているしかなかったのですが
少しづつ顔を現した床を見た時の衝撃は今も忘れられません

なにしろ一面の 泥!泥!泥!

そして すっかり水が引いた後の泥の多さには愕然としました
しかもその泥たるや まるで陶芸に使えそうなくらい密度の濃いもので
粘り気があってしっかり水を含んでいるので
土嚢袋に詰めていくのに 直ぐに重さで持ち上げられなくなりました

その土嚢袋を集積所まで運ぶのが又大変で
しまいには土嚢袋の山にむかって次の袋を歌唄いながらぶん投げたりして
半分ヤケになってやりました

1カ月経った今ではあちこちに残った泥は砂の塊になってしまってますが
泥掃除もしんどかったけど砂も大変です
せっかくのお天気でもお布団はもちろん 洗濯物だって外に干せない
油断してるとあっちもこっちも砂でザラザラしてくるし…

まだまだ道路の隅なんかに砂の塊が沢山あるので
この生活は当分続きそうです

でも、
そんなことなんて大したことではないんです
ちゃんと住める家があってその中で普通に生活できてるんですから
ありがたいと思ってます

長いようで短かった1カ月でしたが
こうして無事に暮らしていられることに心から感謝しています!!
そして
被害の大きかった方たちが早く安心した生活に戻られますようお祈りします


最後にもう一度

暖かいお気持ちをくださった皆さま
本当に!ほんとうに!
ありがとうございました!!!





スポンサーサイト

Posted on 2014/09/20 Sat. 01:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/638-6147caaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。