スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

時代劇  

Mステやらスマスマやら 書きたいこといっぱいあるのですけど
今日はこの話

少し前に放送されたNHKの 「SWITCH 」
糸井重里さんと中井貴一さんの回の完全版を見て感じた事です

直接木村くんの話が出たわけではないし 興味ない方はスルーして下さいね


糸井さんも中井さんも木村くんの良き理解者だと思っているので
贔屓目になってしまうのはお許し願うことにして…


中井さんが仰ってた時代劇について

“ 数字 ” がとれないという現状
(だけど)一番怖いのは(とれないからといって)やめてしまう事
作る努力をしなくなる事
この努力をしなくなった時点でそれに携わった人や
歴史を勉強する事、小道具さん達、受け継いで来た物がゼロになる
ダメな時こそやり続ける事が大事
俺が意識的に時代劇をやるのは俺のためというより継なげたいということだけ

時代劇というものへの深い愛とそれを支えている方達への愛情
中井さんがいつもどこか凛とした印象があるのは
そういう古き良き物への謙虚で実直な心が反映しているからなのではないかと思いました
そしてそれは木村くんにも通じるのです

この中井さんの言葉で直ぐに思い出したのは
太秦で木村くんを待っていて下さっている撮影所の方達の事です

木村くんも また京都に戻りたいとはっきり口に出して言ってました
相思相愛とはこのことです!

私は時代劇が特別好きというわけではないのですけど
木村くんの時代劇は素晴らしいと思ってるんです

スクリーンで観る木村くんの時代劇 は格別だと思います!

中井さんとの共演 次は時代劇だったらいいな〜



もうひとつ 中井さんのお話


長くなると消えてしまうので…

続きます


スポンサーサイト

Posted on 2015/02/10 Tue. 17:06 [edit]

category: 宮本武蔵

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/688-3f0c8e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。