スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大事なことは プロ意識  

久々に親友と会って ちょびっと贅沢なランチしました
彼女とは中学で出会ってからうん十年
べたべたした付き合いが苦手な者同士、なんとな〜くゆる〜く長く付き合ってて
親友と呼べる唯一の人です
彼女の息子がサッカーしてたという関係でサッカーに詳しいのも
付き合いが続いてる要因のひとつでもあるかな?
昨夜のシンガポール戦をひとしきり分析しあいながらのランチは楽しかったです

最近はここでサッカーのこと書いてませんけど
サッカーはずっと大好きで日本代表の試合は必ず見てますし
バルサファンなのでチャンピオンになった時は大興奮しました!

サッカーに興味のない方には申し訳ないのですけど
もう少し書きます

長くなりそうなので
サッカーに興味のないかたはスルーしてくださいね




昨年のW杯 優勝はドイツ代表でした
ドイツ代表の印象に残る選手といえば GKのノイヤー
彼の神がかったキーパー振りはW杯史に残るものでしたね
エジルの不調クロースもシュバインシュタイガーも年齢的にギリギリで
ストレートに勝ち進んだという印象はなかったです
メッシもスアレスもネイマールもハメス・ロドリゲスもいないドイツがなぜ優勝したのか?
オリンピックの日本代表女子バレーの快進撃をご覧になった方はおわかりでしょうけど
今のスポーツ界はデータが大きく関与していることは間違いないんですね
ドイツ代表は徹底的に対戦国のあらゆるデータを取得し
自国の選手のデータも細密に摂った上で戦術を組み立てていたんです

元々サッカーは頭脳が必要なスポーツです
野球のように個人の力である程度勝敗が決まるという事は少なくて
メッシもスアレスもネイマールもハメスも1人ではチームを優勝させる事はできませんでした
だからこそ 日本にもチャンスはある!
格下だからと舐めてかかる前に、シンガポールのGKのデータを把握していれば
もう少し工夫をしたシュートを企めたのではないかと思うのです
これはでも、選手だけの責任ではないです
監督とベンチの責任だと思います
日本人選手は真面目で誠実ですからピッチ上での駆け引きが下手です
言われた戦術をひたすら守ろうとして昨夜のような結果になってしまったのだと思います
これはもう ずっと言われてきていることなので
どうしてもっと選手だけじゃなくベンチもフロントも一緒に意識改革しようとしないのか
不思議で仕方ありません
日本人選手のテクニックも随分向上してきましたけど
アジアの国々の選手はもっと真剣に技術を向上させようと必死です
何しろ生活がかかっていますし、代表に選ばれる事で人生が激変するのですから
日本のように代表に選ばれなくてもそこそこ食っていけて
それなりの生活ができるからいいという意識とは雲泥の差ですね
だからといって 今の日本の生活状況を変える事なんてできません
では どうするか?
プライドです!誇りです!
日本代表選手に求めるものはそれしかないと思います
古来から日本人が一番大切にしてきたことです
お金では買えないもの
お金を死ぬほど持っていたからといって必ず手に入れられるとは限らないもの
いつか自分も『キング』と呼ばれたいと思う気持ち
その意識を選手全員で持てれば きっと日本代表は強くなれるはずです
チームが強くなるためには、
個々の選手がキングを目指す意識を持っていなければ無理でしょう
其々のパートのキングを目指す意識を持つためには
一流の選手のデータを取得してしっかり自分の中に取り込むこと
メッシやネイマールにはなれないなんて言ってるうちは大きくなれるはずないです
メッシやネイマールのマネを死ぬほどしてみてからそういう言葉が出たのなら仕方ないですけど
まずはそういうとこから
そして、小学生のうちから一流選手のテクニックをしっかりマネするとこから始めて欲しいです
サッカー界にアイドル並みの人気者を作り出すことに躍起になってるマスコミにも
もう少し反省してもらって
もっと真剣にサッカーに取り組んでいる選手を見出して 応援してもらいたいものです
サッカー選手をアイドルのように仕立て上げればそこでお金儲けできるのですから
そういう商売に走るのは仕方ないとは思います
でも、そうやってその選手のみならず日本のサッカー界までもダメにしてきた功罪は大きいです
日本のマスコミ界に是非、本物を見つけ出す目を持った人が欲しいです



ついつい 熱くなってしまいました

長いことサッカーのこと書いてなかったものですから 爆発しちまいました



エラそーーーに書いてますけど…

サッカーではないですけど、

天賦の才能を持っている上に
年齢や立場に関係なく真剣に生きている人をリスペクトして
そういう人の生き方を手本にしながら
プロとして自分の仕事を全うすることに専念して
人の数倍努力して
だけどそれを朗らかに楽しんでる

そういう人をワタシは知っています

もう20年以上も追いかけ続けている その人の名前は


そう

木村拓哉 さんです


木村くんを知ってしまったので
どんな世界であれ プロと呼ばれている人が
ゆるくいい加減に仕事をしてるのを見ると 目についてしまうんです

木村くんを知れば知るほど
今、自分のするべきことを本気でやろう と自分に厳しくならないといけないと思ってます


でも・・・

反省は苦手なので
身の丈のちょっとだけ上に目標を置くようにしてます…… オイ!!





長々 お付き合いくださったかた ありがとうございます


やっぱり 最後はこうなってしまうんですね〜 スミマセン




そうそう!
ほんとはこれが載せたかったからここに来たのでした

素敵な記事です

やっぱり木村拓哉さんはすごかった

登録しないと最後まで読めないので
時間ができたら自分のためにも全文書き起こす予定です






スポンサーサイト

Posted on 2015/06/17 Wed. 23:30 [edit]

category: サッカー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/727-230aaba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。