スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アイムホーム 🔑 LAST KEY   

何があるかわからないので
とにかく 大急ぎで HDDからディスクへダビング完了

アイムホーム 最終話


ダビングしただけでまだリピしてません
時間がないというより
本当の理由は
こっちの世界に戻ってこれなさそうな気がして
ワタシの中のポンコツセンサーが危険を知らせているのです
このポンコツセンサーは
こと木村くんに関してはビックリするくらい正確なのでそこだけは
あなどれないのです


たった1時間強でほんとにきちんと着地してくれるのかしら…

ぶっちゃけ ほとんど信用してませんでした
着地は大成功でしたし、木村くんが言ってたように
ノンストレスに持って行く力は素晴らしいと思いました

ワタシはプロではないので脚本や演出のことにあれこれ言える知識はないので
単純に、自分にとって良かったかどうかでしか判断できません
なので、
ずっとずーーっと消化不良の状態でいました
ですけど!
最終話を観てやっとわかりました!
あの モヤモヤした感じは最終話のためにあったんですね!
・・・今ごろわかったの? という…

ずっとドラマというものを遠ざけていたせいで
そういうカラクリに気がつかず、9話までずっと嫌な感じでいました
そうか!
連ドラにハマるってこういう感じね!と、今更ですが…

最終話が始まりだしてあれよあれよという間に着地が決まって行って
なるほど そうきたかとか。 そうするしかないよね〜とか。
割と無理のない着地に少し安心していたところ
あのシーンですよ!

病院の床を這いずりながら 恵の元へと向かう久さん
仮面は付いたままだったけど無事だった恵を見つけて涙する久さん
まるで薄い砂糖の衣みたいにハラハラと剥がれていく仮面の下から現れた恵の素顔
それを見て喜びにあふれ少年のような笑顔になる久さん
ずっと人生の迷子だった孤独な久さんが やっと見せた本当の笑顔

このシーンのためにこのドラマはあったのかと思わせる木村くんの力を
震えるような気持ちで受け取ることができました

やっぱり木村くんのドラマはいいな〜って 思いました

作品作りは自分一人だけの力だけではできないと木村くんはいつも言ってますけど
木村くんが演らなかったらあの家路久は存在しなかったというか
木村くんの力量のおかげで
アイムホームがドラマとしての完成度を上げられたんだと思うんです


アイムホームに関しては、内容が内容だったからなのか
ドラマとしてのざっくりとした概要とかキャストのエピソードとかはよく聞きましたけど
木村くん自身がどんな思いをしながら家路久になっていたのか
その辺のインタビューをあまり聞かなかったような気がします

男性アナウンサーがアイムホームの影響で家庭のことを大事にしようと思ったという話を聞いて
嬉しいと言っていた木村くん
そこにはブラックでもホワイトでもない上質なグレーのオーラを身にまとった木村くんがいました



Twitter巡ってると絶賛のツイばかりだったのも驚きでした
それも、木村くんの演技に感動してる人がいっぱいいましたので
素直に嬉しかったです


前にも書きましたけど
ブラック久さんがホワイト久さんを内包しているという事実があるので
悪いばかりの男ではないはずだと…

1話で
恵と良雄の元へと向かって走り出していた久さんはブラックの時でしたよね
本当は彼もずっと気づいていたのでしょう
自分が恵と良雄を強く求めていることを
けれど、愛に不器用な久さんは傷つくのが怖いばっかりに
恵と良雄を正面から見ないようにするためにひたすら仕事に邁進していたのでしょうね
親友の山野辺に時々息が詰まりそうになると言ったのは
恵と良雄の放つ純粋な愛のアロマに溺れそうで苦しくなっていたからかもしれません

彼は傷つきやすく、繊細で、弱い人だった
だから自分を守るために心に黒い衣を纏い、
ひたすら警戒に満ちた眼を見開いて生きていかなければならなかった

過去5年間の記憶がなくなったという事情があるので
ホワイト久さんはいつも不安げで虚ろで弱々しい姿をさらしていました
だけど、彼が弱い人に見えたことは一度もありませんでした
そのへんの表現力は木村くんの力量の凄さだと思います
・・・普通の役者さんならきっとグズグズの弱っちい男になりきるでしょうね
監督がホワイト久さんの時には目力を抑えてと指示されたそうですけど
ホワイト久さんを家族再生に立ち上がる強い男として捉えていたからではないかな?
なぜかというと、
木村くんが今まで魅せてくれた男たちの中で目に力が入っていた男は
どの男も内面はガラスのように繊細で弱い男ばかりだったからです
・・・ワタシはそのギャップにいつも腰砕けにされていたのです
ホワイト久さんは仮面をつけている恵と良雄から逃げようとしなかったし
過去の自分からも逃げませんでした
そして 最後には自分が最も求めていた 愛 を掴むことができました

物語はここでハッピーエンドとなりました
アイムホーム は終わりましたけど
このドラマを家族再生の物語だということにしたいのであれば大成功です
ホームドラマなんですから ハッピーエンドが鉄則です



でも……
でも……………

何度もしつこくて申しわけないですけど…

ヒリヒリするような孤独の中でナイフのように鋭く光る
ブラック久さんにまた逢いたい!!

これって ダメな女のさがでしょうか…




それにしても、
木村くんは必ず共演者を輝かせる人ですね!
木村くんと一緒に作業していると彼の輝きが伝染するのかな?

多分ですけど…
きっと木村くんと一緒にいると木村くんのこと好きになるので
一緒に作業する時には木村くんに好きになってもらいたいと思って
女性のみならず男性までも(子供まで!) いいフェロモンが出るんじゃないかな?
よくあるでしょ?
好きな人がそばにいるとよく思われたいと思って頑張っちゃう っていう

これ、憶測ですけど きっと当たってる



やっぱり 長くなっちゃいました

最終話
社会復帰できないかもって恐がらずにリピできるのは いつかな〜





スポンサーサイト

Posted on 2015/06/19 Fri. 18:45 [edit]

category: アイムホーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/728-5b1bd869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。