スマスマ 10/12  

連休もあっという間に終わってしまいました

高知に 鰹のたたき を食べに行ってきました
今回の旅のメインはとにかく 鰹のたたき!
大好きな作家さんのひとり椎名誠さんがエッセイなどで絶賛されてたのを読んで
いつか現地で食べてみたいなと思っていたのですけど
ひょんなことから夢が叶いました

いや〜
美味しかった!
ひろめ市場という所は昔住んでいた駅前の市場みたいな雰囲気で
ごちゃっとした活気のある楽しい所でした
高知城まで続く日曜市で買ったシナモン味のポン菓子の本気のシナモンが美味しかったですし、
高知城内のジオラマもなかなか味があって ほっこりしました

そのあと行った桂浜
かつて夢中になった龍馬ゆかりの地ですが
歴史を俯瞰してみると龍馬に対する感情が少し変わってしまって
以前のように手放しで称賛することができなくなってしまいました
・・・あのドラマも全く見てませんし……Fさんファンの皆様スミマセン

ただ、
広い広い 太平洋を見ていると本当に自分はちっぽけな存在なんだなと思いました

海を見ていると、地平線を見ていると、波を見ていると、
あれこれ悩んだってしょうがない
なんだって、どんなことだって、どうにかなるし
どうなったって それを受け入れるしかないんだし
この海の広さ 地球の大きさ 宇宙の広がりから見れば
ワタシなんてチリにも満たない粒子みたいなもんだもんな〜
な〜んてことをボンヤリ考えたりしました


しょうもないこと長々書いてしまいました……


スマスマ 10/12

林修さんゲストのビストロ
S-LIVE ゲストは ゆずさん

ゆずさんとのコラボはほんとに楽しそう!
木村くんのダンスを切り取って 「バレリーナがいた!」ってツイに画像出てました
木村くんの声の伸びが綺麗で聴いてて気持ちいいコラボでしたね〜


林修さんがSMAPを作家に例えると・・

木村くんはなんと! イギリスの詩人 ルパート・ブルック

? ? ? 誰?
全く知らない方でした

いくらイケメンだからと言っても……

中居くん…夏目漱石
吾郎ちゃん…太宰治
剛くん…志賀直哉
慎吾くん…三島由紀夫

見た目で選んだり、ざっくりとした印象からだったり
ヲタでもファンでもない林さんからしたらそういう感じだったんでしょう
へ〜ーって感じでした


ワタシは性格同様、読書も偏った嗜好で突っ走るので
一人の作家がいいと思ったらその作家の作品ばかり読むというバカもんでして
とりあえず有名な作品には目を通しても よく解らなかったし、感動もしないので
段々と、ベストセラーとか有名な作品とかには近づかないようになってしまいました
そして今では…
時間があればツイッターのチェックしたり…ネットサーフィンしたり…
木村くんの出てる番組を見返したり…
ほとんど本を読まなくなってしまいました

昔は本を読むのが楽しくて仕方なかったのですけど
読書より楽しいこと見つけてしまったのですからしょうがないです



木村くんの次の映画の原作はコミックスなので読書とはならないですね
・・・まんが図書館で借りて読もうと思ってます ……原作者様、スミマセン



こう考えてみると、木村くんのこと追いかけるようになってから
時間の使い方がガラリと変わったことに今更ながら気が付きました

過去の自分もそれなりに満足した時間の使い方してたとは思うんですけど
暇な時間など一切なくなってる今のワタシは本当に充実した日々を送ってます
木村拓哉という人に出会えたことでこんなに人生が変わるなんて!
素敵だと思える人、ず〜っと観ていたいと思える人に出会えて幸せです




・・・・・これって、
恋とか愛とかというのともちょっと違って、ある種、宗教に近いのものなのかな?
これまで、どんな宗教にもはまったことないと言い張ってきましたけど…
『木村拓哉教』にどっぷりはまってる状態なのかも…


どうしよう……




いや!いや!いや!

チリにも満たない粒子が悩む必要なんて無かったのでした〜

為すがまま、在るがまま、このまま、
木村拓哉ウォッチャーとしての幸福な人生を生きることにするので〜す







スポンサーサイト

Posted on 2015/10/14 Wed. 00:30 [edit]

category: スマスマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/767-b543dc9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード