スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

三池崇史監督 SWITCHインタビューより  

どうしようかな〜って迷ってたのですけど、
インタビューで三池監督のお話が出てたみたいなので…

ポポロ 12月号
ちょっと 本屋さんで買うのには腰が引けてしまう雑誌なもんで
やっぱりポチしました
いつ届くかな〜 楽しみです


テレビ内蔵のHDD そろそろ整理しとかないといけないなと思って
古いやつからチェックしてたら 今年元旦のさんタクが出てきました
やることいっぱいあったのに ついつい最後まで観てしまいました

さんちゃんがいきなり現れてぎゃ〜ってなったMr.S LIVE ヤフオクドーム
ワタクシ、ちょうどその会場にいました
ほんとはチケット取れなくて第三志望だったというその日が
まさかの さんタク撮影日!
「よかよ〜」の会場大盛況を懐かしく思い出しました
あれから 一年!!


ちがう、ちがう!
さんタク の話じゃなくて…

その後に録画してた SWITCH インタビュー 達人達(たち)というNHKの番組
三池監督と写真家の操上和美さんの回を見返してみました

今年の2月1日オンエアだったこの番組を録画していたのは
三池監督は勿論ですけど、操上さんに興味があったからです
この番組見終わった時、いつか木村くんを撮っていただきたい!!
と、強く思ったのを思い出しました

操上さんは三池監督の作品の主演者を撮られることが多いそうなので
木村くんを撮ってくださるのも夢じゃないかも⁉︎
映画公開と共に楽しみがもうひとつできたというか
是非!
操上さんが写し出してくれる木村くんが見たいです!

操上さん、きっと木村くんが大好きなタイプのエロい方だから
いいフォトが生まれると思うんですよね〜
・・・て いうか、
もう2人はもうどこかでセッション済みなんですかね?
ワタシそういうのに詳しくないので、もしセッション済みでしたら ごめんなさい


この番組、見逃した方がいらっしゃるかもしれないので
少しだけですけどレポしますね

この番組が収録されてたのは 生田斗真さん主演の『土竜の唄』の完成前という時で
漫画を実写化するという事について操上さんから監督への質問がありました

操上さん
「リアルなストーリーよりもこっち(漫画原作)の方が好きですか?」

三池監督
「漫画の世界を漫画を超えた感じで表現できたらいい
その漫画を誰よりも好きなファンになる事、登場人物を好きになる事、
リスペクトすることでしか始まらない
いろんなファンがいるので、漫画を実写化した場合、後で
余計なことしやがって とか
俺の漫画を実写にするな とかって思う人も
見てもらって まあ これだったらいいかな って納得してもらうのは
やっぱり、その人以上にこっちがファンである必要があると思うんですよね」


・・・この言葉を聞いて 凄く納得したのが、
三池監督はこれまで誰もやりたがらない、やろうとしない漫画やアニメの実写化作品を
ビックリする配役でアラよッ!って感じで作り続けてるのが
本当に凄いと思ってたんですけど、そういう心意気だったのか!と。

操上さん
「監督は今まで(作品で)何人殺したか覚えていますか?

三池監督
「主役を強く見せるために一発でボコッと殺られて へにゃってなって
“すみませんでした” っていう台本が書かれてくるとそれには徹底的に逆らっちゃう
(脇役が)何度も起き上がって、映画は暴力的になって
「あなたの映画は暴力シーンが多くて酷い映画が多いですね」って 言われるけど
(脇役に)愛情かけると、バイオレンス映画が出来上がるって中で
愛情とバイオレンスっていうのはイコール、背中合わせ というのは実感するんですよね」


このあと監督は
作品を少しでもよくしようとしてくる脇役さん達への愛溢れるお話を聞かせてくださいました

三池監督はあらゆるものを好きになる才能を持ってらっしゃるようです

“被写体に対して好きにならないと撮れない”という操上さんの お話の時
監督が、「操上さんには好きになる才能があるんだ」と言われてましたけど
三池監督にも同様な才能があると思いました
映画が大好きで、映画に出演する人達が大好きで、映画に携わる人達が大好き。
監督からそういう気持ちがビンビン伝わりました

こういうお話を聞くと、
木村くんが三池監督を大好きになるのは間違いないと思うのですけど
三池監督が、現場にいる人達が大好きになる才能を持っている木村くんのことを
大好きになってくれるのも間違いないと思いました


ワタシは原作を知らなかったのですけど
長女が大ファンだったことが分かって、感想を聞いてみたら
やっぱり、万次は木村くんの印象ではないかな〜って言ってました

でも! だからこそ!
三池監督とタッグを組んで そういう既成概念をぶち破って欲しいです
だって、
漫画のイメージそのままを作品にするのなら アニメで十分でしょ?

実写で
木村拓哉主演で
三池崇史監督が撮る

そこに意義があるのですから!

もう! 楽しみで仕方ないです




長くなりましたけど 最後にもうひとつ

三池監督の台本は始めに配られたものを一度バラバラにして
小さめにカットして パンチングしてからバインダーに綴じるという
とても几帳面で合理的な台本でした
そして!なんと!!
その台本のバインダーには必ず忌野清志郎さんの写真が貼ってあるそうで
番組でも清志郎さんの清志郎さんらしいフォトが写りました


清志郎さんをリスペクトしてカリスマだとおっしゃる三池監督
その 清志郎さんからとてもとても愛された木村くん

この2人がうまくいかないわけが無いですよね!


三池監督の現場は笑いが絶えない楽しい現場だそうです
監督はまた、
「現場そのものが自分の作品だ」ともおっしゃってました

現場が大好きで現場を大事にする木村くん
ここにも共通点がありました!


ほんとは臆病者だとおっしゃる三池監督
実はナイーブで怖がりな木村くん

ネガキャンを肥やしにして
臆病者が(ごめんなさい)
追い詰められてからの開き直ったときの強さを全面に出してもらって

今までにない最強な作品が生まれそうな予感がします!


作品の内容から想像すると 酷い映像が出てくるかもしれませんけど
必ず心撃たれる作品になるはずですから
しっかり腹据えて待っておきましょ






スポンサーサイト

Posted on 2015/10/23 Fri. 19:55 [edit]

category: 無限の住人

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/769-50e9d100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。