スマスマ 2/8 とスマ家のおはなし  

スマスマ 2/8


シャッフルビストロ 第4弾


待ってましたーーー

オーナーが木村くんでゲストが吾郎ちゃん

吾郎ちゃんの気配りがとってもステキで
メンバーが吾郎ちゃんのこと中間管理職って言ってるのがよ〜くわかりました

木村くんは無理に話しを進めるというのではなくて
ほんっとにナチュラルにすっと会話に導くという感じで
相手が吾郎ちゃんだったということもあったのかもしれませんけど
リラックスしている感じの中で MCとしてみんなが聞きたいことをちゃんと聞き出してくれました

吾郎ちゃんのほうは少しだけ木村くんに気を遣ってたのか
それとも もともとなのかとっても饒舌でしたね
いくら仲がいいといったって収録してるわけですから
ちゃんとオーナーとゲストという仕切りを残したいい感じのやり取りでしたね

一転、クイズのコーナーはいつも通りのわちゃわちゃが楽しかった〜

SMAPってみんなそれぞれ個性はバラバラだけど
みんなそれぞれがちゃんとSMAPになってくれるからほんとに気持ちがいいです

メンバーは否定するでしょうけど
側から見てるとどうしても家族のように見えてしまいます

木村くんがお父さんで
中居くんがお母さんで
吾郎ちゃんが長女で (そういう意味じゃないですよ)
剛くんが長男で
慎吾くんが次男


お父さんは
家族を代表して社会の荒波にひとり立ち向かうべくしゃんと胸を張ってみんなの指標になっている

お母さんは
家族ひとりひとりに気を配ってみんなが楽しく過ごせるよう細々したことに目を向けている

長女は
両親のことをよく理解していて、弟たちとも仲良くすることで家族のバランスをとっている

長男は
お父さんのことは絶対だと思っていて、お父さんに憧れて近づきたくて努力している

次男は
お父さんを尊敬し、お母さんに甘え、上二人のことを凄く冷静に分析して、その中で自由を見つけて楽しんでいる


なんとな〜くですけど
ワタシにはSMAPがそんな感じの家族みたいに見えるんですよね〜




ここからは
スマ家のおはなしです
ワタシの妄想ばなしですので 広い心で読んでやってください


家族だからといっても
いつもいつも仲良しこよしでランランランというわけではありません
スマ家のお父さんはどんな時も言い訳せずに黙って行動するタイプの古い男ですから
お母さんも子供たちもついていくのが大変な時もあったでしょう
だけどみんなよく解っています
お父さんについて行くことがスマ家にとって一番いい事なんだということを

お父さんの信念がスマ家にとっていい事だというだけでなく
人として生きていく上で何より大切な事だという事もみんなよく解っているのです
お父さんの生き様はスマ家の誇りです
みんなお父さんの事が大好きです

何より、お母さんがお父さんの事を心の底から信頼して愛しているのですから
子供たちもお母さんと同じ思いです
大好きなお母さんが心底愛しているお父さんの事を子供たちも信頼しているし大好きなのです
表面だけの仲良しを取り繕っている間柄と違って
スマ家は本当に心からの信頼と愛情で深く結ばれています
ですけど、
信頼も愛情も自然と湧き上がってくるものではありません
家族といっても時には諍いが起こりそうになる事だってあります
子供たちの行動が問題になる事だってあります
スマ家にも家族だけでは乗り切れない大きな波がたった事もありました
そんな時にはスマ家の周りで支援してくれる沢山の人達の応援が支えになりました
そして、
何より あの人の力がなければスマ家の色々な危機も乗り越えられなかったかもしれません

何度も危険な状態になってもその都度
家族だけでなくあの人や周りの支援者の応援と共に乗り越えてきました
ですから スマ家とあの人と、周りで応援してくれてる人達との絆はとても固く強くなったのです


ところが ある時…
スマ家をいつも陰ながら支援してくれてたあの人が醜い輩に目を付けられ
汚い闘いに引きずり込まれてしまったのです
根も葉もないことで難癖をつけられた上にスマ家と共にこの世界から出て行けと脅迫されたのです

スマ家は今までどんな困難にも明るく強く立ち向かって克服してきました
そして今ではみんなが憧れる素敵な家族になりました
そんな素敵な家族になれたのも家族の力だけではなくあの人の陰ながらの支援や指導があったからです

スマ家のみんなはとてもショックを受けました
特にお母さんはショックが大きくて悲しみに暮れる日々を送っていました
そんなお母さんを見て子供たちも悲しまないはずはありません
お父さんだって同じようにショックを受け悲しい気持ちはみんなと同じでした
なんとかしてこの悲しみから抜け出さなくてはいけないと
お父さんは家族の為に、そしてあの人の為に、嫌われても憎まれてもいいと
自分が汚れ役を引き受ける決心をしました
誰かがこの役を引き受けなければあの人が酷い目にあってしまうのです
あの人には家族全員一方ならぬ恩があります
ずっとずっとみんなで一緒にやっていけると思っていた人だったのに……
このままでは、あの人を失うだけじゃなく
周りで応援してくれている沢山の人達まで失うことになってしまう…

醜い輩の目的はあの人を追放する事でした
スマ家も共にと言ったものの沢山の支援者を敵に回すほど愚かではなかったので
あの人が追放されても仕方ないと思わせるシナリオが必要だと考えたのです
そこで醜い輩はスマ家が内部分裂をおこし、その原因はあの人にあるというシナリオを考え
お抱えのゴシップ屋にそれがあたかも事実であるというような記事を書かせたのです
醜い輩が想像した以上の凄い反響が起こりました

お父さんは、悲しんでいる場合ではないと、冷静になりました
そして、家族とあの人を守る為ならどんな事でもしようと決心したのです
そう、
お父さんはこの騒動を鎮める為に 固く固く決心して汚れ役を引き受けたのでした。
お母さんも子供たちも、お父さんならこの役をやりきってくれると信じていました
そして、お父さんならきっと汚い敵と闘って勝って自分たちを守ってくれると信じました
この役はお父さんしかできないということをお母さんも子供たちもよく解っていました
悲しくて辛くて悔しくて お父さんに申しわけない気持ちでいっぱいでしたけど
これはお父さんにしかできない闘いなのでした

あの人はスマ家を守るために自分から去る事にしました
けれどもそれで許す相手ではありませんでした
これからがスマ家にとっての本当の試練の始まりです

お父さんは一度決めた事を後悔したり 悔やんだりする人ではありません
今はもう 真っ直ぐ前だけを向いて自分たちが進むべき道を進んで行っています
お父さんが前を向いて進ん行ってくれるので
お母さんも子供たちも迷わずお父さんについて行くことができます

あの人はいなくなってしまったけど もう悲しんでばかりはいられません
後ろを振り返るのはもっとずっとずっと先にして
これからまたスマ家のみんなは
周りで応援してくれてる人達と一緒になって明るい未来を作るために前に向かって進んで行くのです


長男がお父さんに憧れて始めたギターの弾き語りで
あの人の大好きだったグループの曲を必死で練習してみんなに披露しました
そしてその曲をスマ家みんなでこれまでの感謝の思いも込めて唄いました
その思いはきっとあの人に届いたはずです
スマ家のみんなは言えなかったあの人へのさよならを言えたような気がしました
あの人はどこかできっとスマ家のひとりひとりの事をずっとずっと応援してくれるはずです
スマ家のみんなはあの人から教えて貰った事やあの人と共にしてきた経験を胸に
今回の事で深く傷ついたみんなの手当てをしてくれた沢山の支援者の応援を背に
今迄以上に強く逞しく明るく楽しく生きていこうと決心したのでした



・・・・・・・

はい! おしまい。

おはなしはここまでにしておきましょう




注・ このおはなしは事実とは一切関係ございません。
全て私の想像妄想のしょうもないおはなしでございますので 速やかにお忘れくださいませ



今日もまた長々と書いてしまいました
最後までおつき合い戴きましてありがとうございました






スポンサーサイト

Posted on 2016/02/10 Wed. 03:34 [edit]

category: スマスマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://korogaruisi.blog.fc2.com/tb.php/819-0192834b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード